01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

WBC2017 日本VSオランダ

2017.03.13 (Mon)

WBCのオランダ戦を見に行ってきました。

オランダ

日本代表

いや、本当に凄い試合でした。

野球を子供のころから見に行ってますが、久しぶりに痺れる展開。

終電の都合で9回まで見きったところで帰ってしまったのですが、それでも壮絶な試合だったと思います。

結果はご存知の通り8-6の11回タイブレークによる勝利。

これまで代表戦はチケット価格が高いことや、テレビで中継があるからということでスルーしていたために、初めての代表戦でした。

TVで再三言われている通り、やはり代表戦は独特の空気感がありますね。

現地観戦してて印象に残ったシーンは3つ。

①オランダ代表、スクープのレフトへのソロHRの速さ。
低いライナーで一直線。あの弾道とスピードは本当に凄かった。打った瞬間これは行ったとは思いまいしたが、あのレーザービームのようなHRはすげぇの一言。アレックス・カブレラやラルフ・ブライアント、オレステス・デストラーデ等を見てきた私ですが、あの一発は衝撃でした。

②菊池のファインプレー
センター前に抜けようかというあたりを横っ飛び。それをグラブトス。
菊池にしたら普通なのかもしれないけれど、あればかはりはもう神ってるとしか言いようのない職人芸でした。
あれは普通どう考えてもセンター前ヒットだったし、あれが抜けて負けていたかもしれない。あのシーンは昨日一番のハイライトだったかもしれません。

③9回2死、スクープ起死回生のタイムリー
タイムリー自体も凄かったし、またスクープかと思いました。
・・・が、個人的に目に焼き付いたのは、オランダ勢の喜び具合。

テレビでも放映されたとは思いますが、ライトスタンドから見てて、喜びを爆発させるとはああいうことかというくらい選手たちがダッグアウトを飛び出して喜んでいました。あの光景をみて、国の代表としてのプライドや威信をかけて戦っている重みをずっしり感じずには居られませんでした。

この試合はその他本当に書ききれないくらい名シーンは沢山ありました。
たぶん、一生記憶に残っている試合でしょう。
スポンサーサイト
21:06  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Fライナーの次はSトレイン

2017.01.10 (Tue)

プレスリリース

Sトレインという西武秩父と元町・中華街を結ぶ速達タイプの新列車が遂に登場する。

副都心線の開業で西武が一番やりたかったのは、間違いなくこの列車の設定だと思う。

埼玉県西部と横浜をダイレクトで結ぶ速達列車、しかも新型車両の全席指定。

現行の速達タイプであるFライナーよりも更に停車駅を絞り時間を短縮。

西武線内では横瀬(かつては特急は正丸に停車していたが)・小手指・ひばりが丘という従来から速達列車の停車に優位性を持っていた駅でさえも通過というのだから、本気度が伺える。

それは東横線にも同じことが言え、中目黒・武蔵小杉・菊名を通過するらしい。

これは果たしてどれくらい需要があるのか。

好評であれば間違いなく増発。不評であれば、後述の平日運用に特化する可能性も高い。

今後の動向が楽しみである。

そしてこの列車の裏の顔とも言えるのが平日運用。
(通勤者からすれば表になるのだが)

平日は所沢と豊洲(有楽町線)を結ぶ着席型の通勤ライナーとして運行されるらしい。

「所沢から座って都心へ!」これは都心に通勤する人にはかなり大きいポイントだと思う。

埼玉県西部における通勤ライナーの稼働は東上線のTJライナーを見ても分かる通り、絶好調である。

少子化による人口減は避けられず、鉄道会社は客単価を上げることに注力している。

この平日運用は恐らく成功し、所沢ー新木場まで延長。更には増便や小手指始発なども現れるだろうと予想している。

その反面、今回思い切ったなぁと思ったのは「池袋の通過」である。

京急のウイング号(通勤ライナー)は横浜の通過を兼ねてから実施しているが、今回はそれと同様のケースとなった。

もっとも、池袋へ着席で通勤するには従来からのレッドアローに乗ってもらうということもあるだろうし(平日7時台は設定なかったような気もするが)、とにかくこの列車の狙いは、西武線沿線と都心のダイレクト輸送にあるはずだ。

飯田橋で東西線に乗り換えるもよし。有楽町まで乗れば銀座や丸の内のオフィス街は目前であり、それを目的として乗る人には大幅なメリットとなるであろう。

ただ、現実はライナーの時間と自分の始業時間が合うかどうかは別問題だし、毎日ライナー券を買って通勤できる人は一握りではないかということが懸念される。

何れにしてもこの春の西武池袋線のダイヤ改正は目が離せない。

平日運用の保谷停車は驚いたが、平日でも休日でも石神井公園に停車することを考えると、石神井公園の優位性がひと際目立った印象となった。

二面三線だったのは過去の話となり、二面四線化し複々線の西端を担う駅という配線上の都合もあるとは思うが・・・。
21:59  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

年末年始の話題

2017.01.01 (Sun)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

正月休みも早くも後半戦。

年末はほぼ部屋の片づけに終始しました。
去年も同じようなことを書いてますが、年末は掃除するしかないですよね。

今年は家を出るので、不要なものを一気に捨てる・売るという行為に拍車がかかります。
買っただけで満足したゲームや物の多いこと・・・。

部屋にあるもの=お金を払って買ったものと考えれば、あまり金額を換算したくはありませんが、
お金の大事さを改めて痛感せざるを得ない結果となりました。

7年一人暮らしをしていたうち、最初の一年は貯金に終始したのですが、
2年目以降はかなり散在したんだなぁと感じる品々の数々・・・。
とにかく段ボールを排除するしかなさそうです。

今年は公私ともに色々変わる一年になります。
引っ越しを無事に終えて新生活のサイクルが掴めたら、また何か書きたいなと思います。
18:17  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

数字と向き合う

2016.12.04 (Sun)

会社でマーケティングとアカウンティング基礎の講習があったので、参加してみた。

講師の先生は別の講習で当たったことがある人だったので期待値も高めで参加をしてみたが、その期待を裏切らぬ内容だった。

工場の事務屋という職種なので、マーケティングも財務諸表の読み方も知りません。

・・・とかいうのは通用しない。いかに自分が無知なのかを思い知らされた一日だった。

専門的に経済を学んだことはないが、自分が専攻していた政治学とは切っても切れない関係の学問ゆえ、想像していた以上に政治と経済の結びつきが強いことを感じた。

この分野に面白みを感じたので講師に参考文献を尋ねてみたところ、以下の三冊を薦められた。
securedownload.jpg


「知らないことを知る」ということの面白さを味わえる三冊だった。
10:55  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

年に一度の贅沢

2016.11.27 (Sun)

金沢に寿司を食べに行ってきた。

昨年、金沢に10年住んでいたという友達から紹介してもらった寿司屋が最高に美味で、大阪に住んでいる会社の同期と年に一度食べに行くことになっている。

開店時間に行くものの、やはり待ちは避けられず、結局1時間20分待ち。

昨年はその美味さに二人ともテンションがおかしくなり、好きなネタを好きなだけ頼むという暴挙を決行。

結果、慶應義塾大学の創始者が一人ずつ消え去ったという苦い思い出がある。

「今年は二の轍を踏むことを避けよう」と二人して冷静に箸を進めていたが・・・。

途中からやはり我慢ができなくなった。

本当に美味いものを前にすると、あまりにも無力である。

そもそも、ここまで新幹線(友達はJR特急)に乗ってまで金沢に来ているのに、セーブするのはむしろもったいないという結論に至り、好き勝手食べ始めた。

結果。

人間の胃袋はだいたい限度が決まっているらしく、昨年と同じ金額を払って店を後にした。

たまにはこんな贅沢もいいよね。

サラリーマンだもの。

まあち。
22:01  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT