10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ラーメンオヤジの戯言

2017.11.05 (Sun)

久々の更新です。

嫁が友達と池袋のサンシャイン水族館に行くとかいうことで、今日はフリータイム到来。

何をしようか考えたものの、明日もまた仕事なので近場のラーメン屋をめぐることにしました。

一軒目
川越大勝軒

大勝軒

贔屓にしていた某所にある大勝軒が店を閉めたのに伴い、その代わりを探すべくお邪魔してみました。
馴染みの店よりさっぱり目なスープの味。割と万人に受けそうな感じ。
大きさも1玉、1.5玉、2玉の三種類からセレクトできるのは良いんじゃないでしょうか。

個人的に気になったのはお酢の臭い。
オススメの食べ方に書かれているから、使っていた人が多かったんでしょうかね。

ここの大勝軒はつけめんでおなじみの東池袋系ではなく、永福町系のお店です。
幼少期から永福町系を食べて居たので、個人的には大勝軒といえば永福町系の味です。

二軒目
みそら
美空

実は味噌ラーメンが好きなのですが、正直味噌ラーメンのうまい店は少ないです。
食べログで検索して、高評価の店がそんなに遠くない場所にあったので突撃。

入間イオンの端っこでやっているみそら。
割と濃い目の味噌スープに、西山製麺の黄色い縮れた麺が登場。

食べログの評価も頷ける、間違いなく外れではないお店だと感じました。
西山製麺が好きな人は多分評価爆上げでしょうね。

個人的には、学生時代に吉祥寺のパルコの裏にあった「味源」という味噌ラーメン屋が不動の地位で、あの店が無くなって以降味噌ラーメンはチャンピオン不在の時期が続いております。

味源という店は、濃い目のスープに太麺で実に美味しかった。
ごはんもサービスでついてきたりして、腹が減った学生には大変ありがたかったお店です。

3年位前、学生時代を府中で過ごした人と神戸で知り合ったのですが、
「吉祥寺周辺のラーメン屋で一番うまかった店」とか言ってたので、多分私以外にも贔屓にしていた人は多かったんでしょう。

最後はラーメンの話なのか味源の思い出なのかわからなくなってしまいましたが、
これからの時期はラーメンがうまい季節です。

しばらくの間は永福町系大勝軒のうまい店と、味噌ラーメンのうまい店を探したいですね。
スポンサーサイト
19:47  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

18きっぷの旅②

2017.08.19 (Sat)

飯田線目的で来た我々は、2日目がノープランであった。

色々と検討した結果、一緒に行った友達が、「行ったことがない」とのことで伊勢神宮へ向かった。

この日の行程ももちろん18きっぷの利用。
さすがに亀山経由では時間の大幅ロスとなるので、伊勢鉄道を経由する快速みえを利用しての移動となった。

伊勢神宮内宮
ise.jpg

isuzu.jpg

2年ぶり三度目の伊勢詣り。
何度来ても伊勢は良い。関西に居た頃よりもアクセスが悪くなったものの、それでも行きたくなる何かがある。
境内を流れる五十鈴川の流れは神秘的にさえ思える。

おかげ横丁・おはらい横丁の活気のある雰囲気もまたいとをかし。
「おかげ犬」と呼ばれる犬の雑貨に心を奪われてからというもの、伊勢にくるとついおかげ犬のグッズに手をだしてしまう。

18きっぷの仕上げは参宮線最南端の駅、鳥羽。
toba.jpg

tobasea.jpg

JRの終着駅であるが、盛り上がり具合は並行する近鉄の圧勝。
近鉄は更に賢島まで路線が伸びているが、構内の規模や売店の活気などはすべて近鉄に分がある。
もっとも、電車でこのエリアにアクセスする場合は近鉄がメインだろう。

鳥羽の海を眺めて2日目の行程は終了。

「30を越えた人間がやるような旅ではない」という話題も出たが、それでもやりたくなるのは本当に鉄道旅行が好きだからなのだろうか。一緒にそれをやってくれる友達がいることもまた、ありがたい限りである。
00:28  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

18きっぷの旅①

2017.08.18 (Fri)

サラリーマンの盆休みがやってきた。

家内が実家に帰るタイミングで、私は大学時代の友達と飯田線の秘境へ行ってきた。

使用するきっぷはもちろん青春18きっぷ。

朝6:30に八王子駅集合ののち、まずは中央線で岡谷まで約3時間の乗車。

岡谷から豊橋行の飯田線直通列車に乗って7時間乗りとおす旅へ出発!
岡谷

飯田線は辰野(長野県)~豊橋(愛知県)を結ぶ路線で、総駅数は94!
JRので最も有名なローカル線の一つに数えられ、人気(ひとけ)の無いところに点在する秘境駅の宝庫としても名高い。

hikyou.jpg
窓ガラス越しで手が映っているのが残念だが、おおむね秘境エリアの車窓は上記のとおり。
天竜川沿いに線路が敷かれ、ホームの端が崖になっている駅や、出入り口が吊り橋しかないような駅が続く。

詳細は専門サイトや他の人に任せるとして、三県(長野・静岡・愛知)の県境にまたがる小和田駅はなかなか興味深かった。
kowada.jpg

秘境エリアの景色や存在は確かに凄いのだが、そのエリア以外の景観も美しく、思った以上にあっという間に豊橋にたどり着いた。
toyohasi.jpg

飯田線に初めて乗ってみて、駅間の短さに驚いた。
ローカル線にしては、かなり細かく駅が刻まれている。
もちろん、駅間の長い個所もあるのだが平均して短いと思う。

まだ日も暮れていないので、豊川稲荷へ。
一昔前、豊橋に住んでいたことがあったのだが一度も訪れたことのない場所であった。
境内にはいたるところに狐が鎮座しており、境内も広く堂々とした佇まいである。
inari.jpg

この日は豊橋へわざと名鉄を使って戻り、豊橋から名古屋へ移動して一日を終えた。
しかし、豊川稲荷から豊橋までJRの倍くらい運賃がかかるのは驚いた。

名鉄といえば赤である。
meitetsu.jpg

最寄り駅からおおよそ13時間の乗車で着いた名古屋。
新幹線なら東京から1時間40分程度であるが、飯田線の秘境を味わう旅もまた格別であった。
23:47  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

最終日

2017.04.30 (Sun)

独身時代の最後の日は何をしていたのだろうか・・・。

引っ越しと入籍が同時だったので、引っ越しに追われていたというのが正解か。

入籍後も妻は接客業で働いていたためほぼほぼ休みが合わず、休みの日は独身時代とほぼほぼ変わらない状態が続いた。

しかし、そんな気ままな時間も今日で終わり。

嫁が今日で退職。

奇しくも、自分の誕生日が退職日となった。

そんな最終日。自分にとっても、まとまって自由に使える休みが最後ということも意味する。

バタバタしていて何をしようかと考える余裕もあまりなかったが、後悔するのも嫌なので地元の幼馴染の友達と遊びに行くことにした。

向かった先は所沢の西武球場。

ウルフの好投と秋山のHR,おかわりのタイムリーにより2-1で勝利。

2時間10分で終わるという超スピード決着だった。

その後、定番とも言える入間市と所沢市の境あたりにあるスシローで夕飯を食べ、最後にバッティングセンターに行って軽くバットを振って帰宅。

そんな一日だった。

就職してからの一人暮らしは、最低限の家事さえすれば自由にお金と時間が使えた。

今日みたいな一日は日常茶飯事だった。

しかし、明日からは違う。

今まで当たり前だったことが、間違いなく特別なことになると思う。

結婚生活はもちろん大事なのだが、やはり家族だけに視野を向けていると世間とのズレや外の世界の話に乏しくなってしまう。

嫁にも言い続けているのだが、友達や家族以外の人と過ごす時間も同じくらい大事にしてほしいと思っている。

なるべく今までの人間関係を保ちながら、新しい生活をしていきたいなぁと強く感じる日曜日であった。
22:45  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

WBC2017 日本VSオランダ

2017.03.13 (Mon)

WBCのオランダ戦を見に行ってきました。

オランダ

日本代表

いや、本当に凄い試合でした。

野球を子供のころから見に行ってますが、久しぶりに痺れる展開。

終電の都合で9回まで見きったところで帰ってしまったのですが、それでも壮絶な試合だったと思います。

結果はご存知の通り8-6の11回タイブレークによる勝利。

これまで代表戦はチケット価格が高いことや、テレビで中継があるからということでスルーしていたために、初めての代表戦でした。

TVで再三言われている通り、やはり代表戦は独特の空気感がありますね。

現地観戦してて印象に残ったシーンは3つ。

①オランダ代表、スクープのレフトへのソロHRの速さ。
低いライナーで一直線。あの弾道とスピードは本当に凄かった。打った瞬間これは行ったとは思いまいしたが、あのレーザービームのようなHRはすげぇの一言。アレックス・カブレラやラルフ・ブライアント、オレステス・デストラーデ等を見てきた私ですが、あの一発は衝撃でした。

②菊池のファインプレー
センター前に抜けようかというあたりを横っ飛び。それをグラブトス。
菊池にしたら普通なのかもしれないけれど、あればかはりはもう神ってるとしか言いようのない職人芸でした。
あれは普通どう考えてもセンター前ヒットだったし、あれが抜けて負けていたかもしれない。あのシーンは昨日一番のハイライトだったかもしれません。

③9回2死、スクープ起死回生のタイムリー
タイムリー自体も凄かったし、またスクープかと思いました。
・・・が、個人的に目に焼き付いたのは、オランダ勢の喜び具合。

テレビでも放映されたとは思いますが、ライトスタンドから見てて、喜びを爆発させるとはああいうことかというくらい選手たちがダッグアウトを飛び出して喜んでいました。あの光景をみて、国の代表としてのプライドや威信をかけて戦っている重みをずっしり感じずには居られませんでした。

この試合はその他本当に書ききれないくらい名シーンは沢山ありました。
たぶん、一生記憶に残っている試合でしょう。
21:06  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT