06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

プロ野球と応援

2017.12.18 (Mon)

1年ぶりに開催されたジントシオ忘年会2017に参加してきました。

昨年は立川、今回は高円寺。

中央線といえばサブカルチャーみたいな言い方もされているが、今回の企画もそういう意味でドンピシャだったと思う。

内容を詳しく書くことはできないが、やはりプロ野球の応援歌は素晴らしいということと、プロ野球は愛されてるコンテンツだとつくづく感じた。

今回は1部がトークセッション。2部がリクエストされた応援歌(1-9)を歌う時間の二部構成。

一部はジントシオ氏、吉川正洋氏(芸人)、長谷川晶一氏(作家)の三人でプロ野球の応援について2時間程度の座談会。

色々と興味深かったし、濃い目の話が多くてプロ野球バカには安心の楽しさだったと思う。

吉川氏は鉄道のイメージも強いが、大洋時代からのガチファンで、ハマスタの応援団事情などよくご存じであった。
喋り方などもテレビで見るのと同じで丁寧な印象。鉄道と野球を愛する身としては、何かの機会にゆっくりと飲みに行ってみたくなるようなお方。

長谷川氏はガチなヤクルトファン・・・にもかかわらず、Mr.カラスコのマスクにロッテの千葉ユニというスタイル。
色々と本では言えないような本音を吐露。

著書では西武のファンクラブを絶賛されていたので、今回のゲストということを知ってテンションが上がったわけであるが、この方も本当にスワローズが大好きなんだと実感。トークセッションでスワローズを心から愛しておられる気持ちがビシバシと伝わって来た。

セッションには参加せず、DJに徹していたヨシノビズム氏は、木田画伯のTシャツを着用。
相変わらず濃い目の選曲で我々の気持ちを高めてくれた。

個人的にはレッドDEハッスルをリクエストし、快く引き受けて頂けたのがとても嬉しかった。
そもそも、この曲を知っている人が少ないのか反応は薄めであったが、この楽曲は一度聴いたら忘れられないと思う。

昨年はこうしたトークセッションがなく、ほぼすべて1-9を歌うという形であったが、今年は静と動がある忘年会だったと言えるだろう。

セッション後半~2次会にかけてはメインともいえる応援歌のオンパレード。

吉川さんが「いや、みなさんすごいですね」とよく言われていたが、自分も昨年レベルの高さに驚きっぱなしだった。

軽く30年くらい前の応援歌を歌える人がゴロゴロいる上に、それをペットで軽々しく吹いてしまうジントシオ氏や一部の参加者の方には頭が下がる。

この会に参加すると、いかに自分がまだまだだということをつくづく痛感する。

しかし、その反面で球場では味わえない楽しさが体感できるのも確か。

来年の開催はもちろん、半年に一度や3ヶ月に一度など、開催数が増加されるのも期待したいところ。

個人的には「ラロッカの応援歌はどこのを歌うか?」という質問に「オリックスに決まってるだろ!!」と回答されていた某氏の反応が忘れられない。確かに、オリックス時代のラロッカは数ある応援歌の中でも屈指の名曲だと思う。
スポンサーサイト
20:34  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラーメンオヤジの戯言

2017.11.05 (Sun)

久々の更新です。

嫁が友達と池袋のサンシャイン水族館に行くとかいうことで、今日はフリータイム到来。

何をしようか考えたものの、明日もまた仕事なので近場のラーメン屋をめぐることにしました。

一軒目
川越大勝軒

大勝軒

贔屓にしていた某所にある大勝軒が店を閉めたのに伴い、その代わりを探すべくお邪魔してみました。
馴染みの店よりさっぱり目なスープの味。割と万人に受けそうな感じ。
大きさも1玉、1.5玉、2玉の三種類からセレクトできるのは良いんじゃないでしょうか。

個人的に気になったのはお酢の臭い。
オススメの食べ方に書かれているから、使っていた人が多かったんでしょうかね。

ここの大勝軒はつけめんでおなじみの東池袋系ではなく、永福町系のお店です。
幼少期から永福町系を食べて居たので、個人的には大勝軒といえば永福町系の味です。

二軒目
みそら
美空

実は味噌ラーメンが好きなのですが、正直味噌ラーメンのうまい店は少ないです。
食べログで検索して、高評価の店がそんなに遠くない場所にあったので突撃。

入間イオンの端っこでやっているみそら。
割と濃い目の味噌スープに、西山製麺の黄色い縮れた麺が登場。

食べログの評価も頷ける、間違いなく外れではないお店だと感じました。
西山製麺が好きな人は多分評価爆上げでしょうね。

個人的には、学生時代に吉祥寺のパルコの裏にあった「味源」という味噌ラーメン屋が不動の地位で、あの店が無くなって以降味噌ラーメンはチャンピオン不在の時期が続いております。

味源という店は、濃い目のスープに太麺で実に美味しかった。
ごはんもサービスでついてきたりして、腹が減った学生には大変ありがたかったお店です。

3年位前、学生時代を府中で過ごした人と神戸で知り合ったのですが、
「吉祥寺周辺のラーメン屋で一番うまかった店」とか言ってたので、多分私以外にも贔屓にしていた人は多かったんでしょう。

最後はラーメンの話なのか味源の思い出なのかわからなくなってしまいましたが、
これからの時期はラーメンがうまい季節です。

しばらくの間は永福町系大勝軒のうまい店と、味噌ラーメンのうまい店を探したいですね。
19:47  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

最終日

2017.04.30 (Sun)

独身時代の最後の日は何をしていたのだろうか・・・。

引っ越しと入籍が同時だったので、引っ越しに追われていたというのが正解か。

入籍後も妻は接客業で働いていたためほぼほぼ休みが合わず、休みの日は独身時代とほぼほぼ変わらない状態が続いた。

しかし、そんな気ままな時間も今日で終わり。

嫁が今日で退職。

奇しくも、自分の誕生日が退職日となった。

そんな最終日。自分にとっても、まとまって自由に使える休みが最後ということも意味する。

バタバタしていて何をしようかと考える余裕もあまりなかったが、後悔するのも嫌なので地元の幼馴染の友達と遊びに行くことにした。

向かった先は所沢の西武球場。

ウルフの好投と秋山のHR,おかわりのタイムリーにより2-1で勝利。

2時間10分で終わるという超スピード決着だった。

その後、定番とも言える入間市と所沢市の境あたりにあるスシローで夕飯を食べ、最後にバッティングセンターに行って軽くバットを振って帰宅。

そんな一日だった。

就職してからの一人暮らしは、最低限の家事さえすれば自由にお金と時間が使えた。

今日みたいな一日は日常茶飯事だった。

しかし、明日からは違う。

今まで当たり前だったことが、間違いなく特別なことになると思う。

結婚生活はもちろん大事なのだが、やはり家族だけに視野を向けていると世間とのズレや外の世界の話に乏しくなってしまう。

嫁にも言い続けているのだが、友達や家族以外の人と過ごす時間も同じくらい大事にしてほしいと思っている。

なるべく今までの人間関係を保ちながら、新しい生活をしていきたいなぁと強く感じる日曜日であった。
22:45  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

年末年始の話題

2017.01.01 (Sun)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

正月休みも早くも後半戦。

年末はほぼ部屋の片づけに終始しました。
去年も同じようなことを書いてますが、年末は掃除するしかないですよね。

今年は家を出るので、不要なものを一気に捨てる・売るという行為に拍車がかかります。
買っただけで満足したゲームや物の多いこと・・・。

部屋にあるもの=お金を払って買ったものと考えれば、あまり金額を換算したくはありませんが、
お金の大事さを改めて痛感せざるを得ない結果となりました。

7年一人暮らしをしていたうち、最初の一年は貯金に終始したのですが、
2年目以降はかなり散在したんだなぁと感じる品々の数々・・・。
とにかく段ボールを排除するしかなさそうです。

今年は公私ともに色々変わる一年になります。
引っ越しを無事に終えて新生活のサイクルが掴めたら、また何か書きたいなと思います。
18:17  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

数字と向き合う

2016.12.04 (Sun)

会社でマーケティングとアカウンティング基礎の講習があったので、参加してみた。

講師の先生は別の講習で当たったことがある人だったので期待値も高めで参加をしてみたが、その期待を裏切らぬ内容だった。

工場の事務屋という職種なので、マーケティングも財務諸表の読み方も知りません。

・・・とかいうのは通用しない。いかに自分が無知なのかを思い知らされた一日だった。

専門的に経済を学んだことはないが、自分が専攻していた政治学とは切っても切れない関係の学問ゆえ、想像していた以上に政治と経済の結びつきが強いことを感じた。

この分野に面白みを感じたので講師に参考文献を尋ねてみたところ、以下の三冊を薦められた。
securedownload.jpg


「知らないことを知る」ということの面白さを味わえる三冊だった。
10:55  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。