12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

年貢の納め時

2006.01.15 (Sun)

いよいよ本格的な試験ウイーク突入です。試験が近いのに、集中力が無いです。←毎度ながら。

小学生に流行した、100マス計算ドリルでもやらなきゃって感じですかね。

あのドリル、計算力向上も目的らしいですが、実は集中力上げる為にも使われてるとかなんとかって話を本で読んだことありますよ。

それはともかく、やんなきゃな・・・。

月末31日まで試験なので、本編更新できない可能性ありますが、ご了承ください。

但しコメント欄は、「試験に対する批判」や、「試験の出来」などをご自由に書き込んで活用してください。よろしくどうぞ!

勿論、全く関係ない話題でもOKです。
スポンサーサイト
21:26  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(33)

某駅にて

2006.01.13 (Fri)

駅員「今度の7番線には、特急かいじ、117号松本行きが参ります。当駅を出ますと、八王子、大月、塩山、山梨市、石和温泉、甲府、竜王、韮崎、長坂、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、塩尻、終点松本の順に停車してまいります。(以下略)」

中○線(快速)利用者なら一度は聞いたことがあるだろうアナウンスです。事実、沿線では、毎日聞けますね。

そして利用者ならば、かいじ、あずさ、S(スーパー)あずさの通過待ちや接続待ちを一度は味わったことがあると思います。オレンジ色の通勤電車に乗っていると、「邪魔だからどいてね」って感じで特急列車が通過して行きます。快速はもちろん、通勤快速、特別快速でも歯が立ちません。そんな優等列車はこちら。
参照画像↓







今や逃げ場の無い試験前。こんな案内放送を聞いていると、特急に乗って信州のそばでも食べに行きたくなりますね。

自分はこの特急に乗ったことはありません。諏訪に行こうが小淵沢行こうが、各駅停車しか乗ったことないです。でも、毎日接続待ちや通過待ちを喰らっていると、一度くらい乗ってみたいなと思ってきます。

早く試験が終って欲しいです。

P.S これだけ書いたら某駅とか言う必要無かったですね。グランデュオとかありますよね。
22:56  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

みまつ屋のオヤジが好きです

2006.01.12 (Thu)

ピーヒャラ×2、パッパパラパー♪(挨拶)

ってことで、(どういうことだよ)あの国民的漫画、ちびまる子ちゃんが二時間ドラマとして実写化されるそうです。

ちびまる子ちゃんといえば日曜夕方の定番ですね。私が家でテレビを見てるなら、スーパー競馬→天声→ロンブーと見て、「笑点→まる子→サザエさん」という黄金のクリーンナップを迎えるわけですよ。最近はバイトやらなんやらであまり見てないのですが。

ちびまる子ちゃんはホントに面白い作品ですよね。まる子が面白いのは勿論なんですが、周りを固めるキャラがまた面白いんですよね。

個人的には友蔵さん(じいさん)と、はまじ、それと、結構出番が少ないんですがみまつ屋のオヤジが好きです。

友蔵さんは孫であるまる子の願いはなんでも聞き入れてしまうようなじいさんで、まる子の良き財政源ですね。じいさんとまる子で行った数々の下らない行動は、結局お姉ちゃんに「まる子はやっぱりバカ」とか、お母さんに「まる子!!!」と怒鳴られるのがお約束です。

はまじはクラスメイトの中でもいいキャラしてます。クラスのムードメーカーですね。似たようなキャラに山田とか関口ってヤツが居るんですが、はまじこと浜崎くんはまた一味違っていいキャラしてますよ。クラスに居たら面白いだろうな。

みまつ屋のオヤジはちょっとレアキャラですね。あんま出番は無いです。しかし、子ども会の行事とか、盆、暮れ、正月といった区切りにはときどき現れ、その類まれな寒いギャグを披露してくれます。何気に、一番好きなキャラですね。この人が出てくると爆笑率がググッと上がります。というか、存在自体がギャグです。絵に出てくるだけで笑えるキャラですね。

漫画の実写化は難しいものがあるとは思いますが、楽しみにせずにはいられません。昨年話題になった映画の『三丁目の夕日』っぽいテイストになるんでしょうか。期待しましょう。
16:59  |  雑記  |  Trackback(7)  |  Comment(5)

テクニシャン

2006.01.11 (Wed)

先日、高校サッカーの決勝を見ました。

鹿児島実業対野洲の試合です。

なんか、メディアとかだと鹿実有利みたいなことを散々言ってましたが、結果的に、野洲が勝ちましたね。

野洲のサッカーって面白いっすね。ってか、テクニシャン揃いじゃないですか。当たり前の様にヒールパス使ったり、サイドチェンジとかも見事です。静岡学園とかがやってるサッカーに近いかなと個人的には思いました。

しかし、凄いっすね。滋賀の県立高校らしいじゃないですか。県立で優勝って凄いなぁと思いますよ。滋賀と言えば、アジアのリベロ、井原正巳選手も滋賀の高校でしたよね。(失念しましたが)

それと、「野洲」って最初読めませんでした。
関西のJR東海道線(京都線)に乗ると、
「新快速野洲行き」
って表記が駅でよく見かれられるんです。

んで、最初は野洲って、どこなのかもわからないし、読み方も謎でした。結局、去年の秋に滋賀の草津に行ったときに、読み方を覚え、今回の高校サッカーでますます野洲って街が印象づきました。

そこはともかく、サッカー界に新風を吹き込んだ野洲イレブン、本当におめでとうございました。
10:26  |  スポーツ  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

20年たったらまた祝って欲しい!

2006.01.09 (Mon)

今日は成人の日ですね。

私も今年成人式に行ってきました。ウチの地元は昨日だったんですが、特に混乱も無く普通に終りました。「まぁ、こんなものか」という感じです。

ところで、成人式も自治体によっては、なかなか粋な計らいをしてくれるところがあるそうじゃないですか。

千葉県の浦安市ではディズニーランドに新成人をご招待。東京の練馬区はとしまえんに新成人をご招待。

とかあるらしいですね。羨ましいなぁ。

式の後はカラオケ行って飲みに行って帰還しました。

実は一昨日も中学時代の友達と2年振りくらいに会って、飲み、語り、そしてカラオケという生活だったので、酒とカラオケが続いた成人の日周辺の行動でした。

ということで、今日は大人しくしています。誕生日はもうとっくに過ぎていたので、あまり実感は湧きませんでしたが、「おめでとう」と言われるのはめったにないことなんで、ありがたくそのキモチを受け取らせていただきたいなと思いました。

さて、このブログなんですが、期末試験が近いので更新が手薄になりそうです。ご了承くださいませ。
13:52  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

千代田区をうろつく

2006.01.06 (Fri)

今日は床屋に行った後、御茶ノ水界隈から外神田辺りを散策して来ました。

御茶ノ水駅を降りて南へ。明治大のある通りは楽器屋が多いですね。自分、楽器は出来ないんですがギターとかベースとかシンセとか置いてある店の前を通ると、「出来たらカッコイイんだろうな」とか思います。しかし、以前にお年玉をはたいて電子ピアノを買い、今は物置状態になっていることを考えると、「見るだけにしておこう」と冷静な気持ちに切り替わります。

楽器屋街を通り過ぎると、神保町です。どうしても欲しい本があって、探しに来たんですが、結局見つからなかったです。今回は見つからなかったんですが、ここらは言わずと知れた本屋街です。何か本が欲しくなったこの一体はお奨めです。「ネット通販」でいいじゃんとかいう突っ込みは無しで(笑)

そこから、靖国通りに沿って岩本町の方まで歩いてみました。オフィス街であると同時に、スポーツショップがやたら目についた様な気がします。また、ちょうどお昼どきだったので、そこらの食事場所は凄い混雑振りでした。

そんな散歩も、最近やたら観光地し始めたアキバで終了です。中央通を末広町付近まで往復した後、帰還しました。平日だってのに、人が多いですね。ブームだかなんだか知りませんが、観光客っぽい人が多く見受けられました。

目的の本が見つからなかったものの、たまには散歩もいいもんです。いい気分転換になりました。
23:13  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

プチオイルショック

2006.01.05 (Thu)

何故だかしらないんですが、昨日と今日はバイトがクソ忙しかったです元旦、二日よりも忙しかったのが意外でした。(挨拶)

さて、年が明けてからは駅伝の話ばっか書いていいましたが、今日は違う話を書きます。って、言っても、大して面白い話は書けませんが。

今年の冬は寒くないですか?なんだか12月は観測史上最低の平均気温とかいう話じゃないですか。

最近は地球温暖化の影響で暖冬とか言われてましたが、全くそんなことはありませんでした。暖冬とか言った人は今すぐ出てきて謝罪してください(笑)

ま、それは冗談として、寒いにもかかわらず、灯油の値段が高いですね。ガソリンが高くなってるんだから当たり前かもしれませんが、うかつに石油ストーブを乱用できません。今は時代の流れで、石油ストーブを使っている家庭が減ったとは思いますが、うちは石油ストーブとコタツが主力です。

灯油の移動販売車が、「18リッター1450円」とか言ってるのを聞くと、暖まるどころかあまりの高さに冷え切ってしまいますね。

日本にも石油が出ればいいんですけどねぇ。イギリスの北海油田みたく、鹿島灘辺りに油田でも出ないかなぁと思います。ちなみに、日本海や東シナ海ではダメです。理由はご想像にお任せしますが(笑)
22:54  |  雑記  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

襷の重み

2006.01.04 (Wed)

昨日に続き、箱根駅伝を引っ張ります。

皆さん既にご存知の通り、今年の箱根駅伝は亜細亜大が優勝しました。おめでとうございます!失礼ながら、びっくりしました。まさか亜細亜大が来るとはという感じです。

優勝した亜細亜大、ずば抜けて強いと騒ぎ立てられる選手は恐らく居なかったと思います。TV中継で解説をしていた瀬古氏も「大砲不在」と言われていました。しかし、チームを信頼する心と、今まで培ってきた練習の成果を、個々の実力を十二分に発揮しての勝利だと思います。「これが駅伝だ!」という感じの勝利でした。

私の中では、9区で逆転した山下選手の激走と、10区を走った岡田選手の嬉しそうに走る姿が印象的でした。

そしてシード権争いに関して言えば、今年も10秒のドラマが生まれました。ラストまで気の抜けない争いとなりましたね。予選会からの出場と、無条件での出場というのは、非常に大きな壁が存在するのは確かです。しかし、そんな大きな壁が存在するからこそ、この争いに魅力を感じるのかもしれません。

また、8区の途中では順天堂大の難波選手にアクシデントが発生しました。体がフラフラになりながら、そして、足が止まりながらも気持ちで戸塚中継所へ母校の襷を運びました。これが何を意味するのかといえば、「なんとしても襷を運ぶんだ」という難波選手の気力でしょう。人間の「強さ」を見せてくれた気がします。自分も、難波選手の姿を見習って頑張って行きたいと思いました。

以上簡単ではありますが、今年の箱根復路を振り返ってみました。

一言で言うと、「駅伝はチームプレイ」ということですね。自分が駅伝やってたときも、顧問の先生がよく口にしていました。もはや、そんなことは当たり前と思うかもしれません。しかし、今回のレースを見ると、その言葉の意味をよく現したレースだったと思います。

来年も、名勝負を期待したいと思います。
03:10  |  スポーツ  |  Trackback(2)  |  Comment(4)

正月のガチバトル

2006.01.02 (Mon)

元旦なんてあっと言う間に終りましたね。(挨拶)

さて、昨日の元旦といえば実業団駅伝。コニカミノルタが連覇を果たしました。やっぱ強いですねぇ。2区で1分以上の貯金を作り、3区で順位を落としたといっても、抜かれた相手が相手だし、総合力から言ったらやっぱ一枚も二枚も上手なんですね。ってか、松宮兄弟ってやっぱ凄いですね。

また、天皇杯でレッズが優勝しました!おめでとうございます!93年のJリーグ開幕当初、このチームは大丈夫なのかと言うくらい弱く、そして実際にJ2にも降格という辛酸を味わいましたが(福田が決めた降格決定ゴールを今でも覚えてます。)、再びJ1に這い上がり、近年は優勝争いを演じるまでになりました。私は熱狂的にレッズを応援してるわけじゃないにせよ、県民としてレッズの優勝は嬉しいものです。いやぁ、ホントによかった!

それで、今日のスポーツといったら、箱根ですよね。箱根駅伝。今年は「東海大か駒沢で決まりだ」みたいな前評判がありましたが、蓋を開けてみれば順大が往路優勝じゃないですか!なんと言っても、5区の箱根の山登りに挑んだ今井が凄かった!驚異のペースで箱根の山を攻略しましたね。飛ばしすぎなんじゃないかと思ったのですが、結局5人抜きですか。これは凄い。

V5の掛かる駒沢は二位でした。30秒差をひっくり返し、大手町で大八木監督の胴上げが起こるのでしょうか?

また、優勝候補の一角東海大は8位でしたね。前評判の高かったルーキー佐藤悠基が区間賞の激走を見せましたが、今日のアンカーであるエース伊達が本来の調子を出せなかったみたいです。なんでも、体調が優れなかったとかいう話がありましたね。

とにもかくにも、明日の復路に期待しましょう。どこが勝つか楽しみです。
23:59  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

年末テレビ&あけおめです!

2006.01.01 (Sun)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、このブログの読者様はさっきまで何を御覧になっていたでしょうか?レコ大ですか?紅白ですか?ダイナマイトですか?男祭りですか?はたまたドラえもん、いや、昭和歌謡でしょうか?

当方はバイトから帰って寝た後、レポートを作りながらチラチラTVを見て居ました。

レコ大は「エロかっこいい」と評判を博している幸田のお姉さんが獲得しました。私はこの人がキューティーハニーのカバーを歌っていることと、アルバムが売れまくったので銀座でクラブのママになったことくらいしか知りません。

男祭りでは、吉田秀彦が先輩の小川直也を破りましたね。でも、試合後吉田のインタビュー中に、観客が小川の「ハッスル」コールに夢中になっていたのが印象的でした。観客は、試合より「ハッスル」の方がお好きなようで・・・

ダイナマイトではボビーが判定勝ちです。予想通りでしょうか。曙は今年もorz…。もはや
曙は大晦日に負ける為に出てくるキャラになりつつあります。本当は、そんな人じゃないと思うのですが…。

紅白は、白組が圧勝でしたね。私は渡辺美里さんが歌っているトコだけ見ました。後は最後の結果発表しか見てません。

そして今、NHKの「ゆく年くる年」を視聴していました。

年末番組の中で、一番好きな番組です。この番組は裏切りませんね。紅白よりよっぽど…(以下自主規制)

全国の寺院の様子やなんかが生中継されて、非常に趣深い番組です。豪雪地帯の映像とかグッと来ますね。今回なら山形の羽黒山の映像が良かったです。地元の勇姿の方が、雪の山道でほら貝を吹いていました。いやぁ、実に趣深い。

何か若さの無い感じの記事になりましたね。それはともかく、日付が変って新しい年です。今年も一年頑張っていきましょう!
00:29  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |