スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

今年も終りますね

2006.12.30 (Sat)

京王閣で開催されたKEIRINグランプリ06は秋田の有坂直樹が優勝。37歳の史上最年長Vとなりました。山崎、佐藤と東北ラインを組んで周回を回り、最後のストレートで本当に良く伸びました(挨拶)

今年も残すところあとわずかですが、おかげさまで今年も無事に過すことができました。

今年もこのブログをご愛読いただき、ありがとうございました。相変わらず、書きたいことをガンガン書いてました。内容の意味がよくわからない記事も多々あったことと思われます(汗)

コメントも色々ありがとうございました。気のきいたレスは出来ないっすけど、来年もちゃんと返信しますので変らぬご支援をよろしくお願いいたします。

それでは良いお年を!
スポンサーサイト
18:45  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

噂のアイツ

2006.12.29 (Fri)

各所で話題になっている、中央線の新型車両E233系に乗ってきました。

20061229175228.jpg

E233 T1編成

20061229175343.jpg

側面

別に学校始ってからでもいいかなーとも思ったんですが、あまりに評判が良い&気になったものですから、乗りに行ってみました。

数多くの電車が走っている中央線ですが、今日運用に当ったのは2編成。ケータイでどこに居るのかを確認しつつ、西国分寺で新車を捕らえました。

実際に乗ってみると、まだ新車の香りがしました。中央線らしからぬ新車臭がとても新鮮でした。モーター音もかなり静かになりました。そういっても、他の路線と比べたら普通なのかもしれませんが、中央快速線の利用民ならば余計に静かに感じること間違いなしです。

一番押したいのは、やっぱ座席ですな。シートがいい具合に柔かくなっています。JR東日本の新鋭車両=椅子が公園のベンチという方程式を打ち破ったのが今回の車両でしょう。伊達に堅いシートに座らせてたわけじゃなかったようです。209、E231(京浜東北線とか、総武線の各駅停車に走ってる電車)の大量投入という氷河期を経て、ようやくマトモな新車が投入されました。シートピッチ(幅)が広くなっているのも好材料でございます。

各所でやっぱ言われていることですが、座席への配慮がやっぱデカいですね。正直、車両が新しくなっても公園のベンチは勘弁願いたいと思っていただけに、いい意味で期待を裏切られました。

お世辞抜きで、今回の新車はクオリティが高いです。
17:54  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

年末進行

2006.12.29 (Fri)

エヴァのパチンコ、また新しいのが出るんですね。今度は原作とは大分違うみたいですね (挨拶)

世間では、年末ムードです。TVは収録ワイドばっかで見る気がおきず、飲み屋には人が溢れまくりな毎日です。

今日飲みに行った店は、店の客もさることながら、カウンターの向かいで料理作ってる店員までもが年末進行でした。

ビールを飲みながら刺身をさばき、タバコを吸いながら揚げ物の盛り付け。

普段見えてないだけなのかもしれませんが、今日のは大胆たるものでした。客の前で豪快にやってくれましたよ。年末ならではなのか、なかなか楽しいものを拝見いたしました。ちなみに、行った店というのは屋台とかではありません。ちゃんとした飲み屋です。
02:07  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2006参加イヴェント

2006.12.27 (Wed)

知らない間にレポートが溜まり始めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。31日に提出期限を迎えるものもあり、ちょっとヒヤヒヤしてるんですが、ここらで今年参加した声優イヴェント(一部違うものもあり)について書いておこうかなと思います。学生をやっているせいもあって、一年は4月から3月という感覚はありますが、キチッと年次で締めてみようと思います。

2006年参加イヴェント(敬称略)
ローゼンメイデンファン感謝祭
2006年2月19日 神奈川 横浜 横浜BLITZ


出演 真田アサミ 沢城みゆき 力丸のりこ 野川さくら 桑谷夏子 森永理科 
志村由美 田中理恵 後藤沙緒里 倉田雅世 河原木志穂 宝野アリカ


今年の1発目は、最近特番が放送されたローゼンですね。女性陣はほぼフルといって良い感じのメンバーに加え、アリプロの出演ということで今年行った中で最も豪華メンバーが揃ったといえましょう。

各キャラクターの台詞の多い少ないについてのトークで、「チッ、こんなに台詞多いのにギャラ一緒かよ」となっちゃんが言っていたのが印象的でした。

その意味が正しいか否かはともかく、女性誌にまで「ツンデレ」という言葉が掲載される契機となった作品と言ってもいい、ローゼンメイデン。私の中ではツンデレメイデンです。お奨めは言うまでもなく、翠星石。

2006年度アストラエア合同入学式
2006年4月2日 東京 池袋 豊島公会堂


出演 中原麻衣 清水愛 生天目仁美 斉藤千和 松来未祐 甲斐田裕子
桑谷夏子 野川さくら 中島沙樹 宮崎羽衣 美郷あき


学年が変ってからの一発目といいましょうか、これはストパニのイヴェですね。これもまた出演者が非常に多いですね。

豊島公会堂の入り口に「平成18年度アストラエア合同入学式」という看板が立てられていたのがなんとも本格的でした。ってか、ある意味羞恥プレイでしょ。道行く人が怪しがってましたわ。

一言で言って、「生天目祭り」という内容でした。美味しいところは全て「ナバ」こと生天目が持っていきました。この人の百合っぷりはガチでした。

『堀江由衣をめぐる冒険/冒険の書。』刊行記念 堀江由衣さんサイン会
2006年5月27日 東京 新宿 紀伊國屋書店新宿南店


出演 堀江由衣

ほっちゃんのサイン会ですね。この冒険の書という本が、やたらと高かったのが印象に残ってますが、サイン会に参加できるならばということで、タイムズスクエアの裏にある紀伊國屋まで整理券をとりに行きましたよ。

参加者が500人ってことで、「はい次」「はい次」という感じで流されていくのかと思いきや、1人30秒から1分くらいは喋れたんじゃないでしょうか。そんなこともあり、集合時間から2時間ほど待たされましたが、その2時間の疲れをぶっ飛ばすくらい満足度は高かったですね。なんでも、2時に始って、7時に終ったらしいですからね。

一言で言って、ほっちゃんの笑顔にやられました。堀江由衣の可愛さは異常。

"堀江由衣をめぐる裏冒険"という名のオフ会
2006年7月16日 東京 秋葉原 アソビットゲームシティ6Fイベントフロア

連続で堀江系イヴェ。今やおなじみとなった「堀江由衣本人の出演はございません」という類のもので、ほっちゃんの出演は無し。内容的には、「Baby I love you」の振り付け講座ビデオがアツかったと思います。

たまたま一緒に行った後輩(ヲタではない)がジャンケン大会に勝ち残り、ライヴDVDのポスターをGETしたのが良い思い出です。その節はどうもでしたって感じです。自分も勝ち残ったのですが、別に堀江由衣と関係のないハンカチを頂いて帰ってきました。

コミックマーケット70
2006年8月13日 東京 有明 東京ビッグサイト


非声優イヴェ。所謂夏コミなんですが、特にこれと言って何も買いませんでした。お世話になっている先生に会いに行ったのが目的なんで、それで充分なんですがね。コミケはやっぱ人が多い。それに比べればマ○ナビやらリ○ナビのイヴェはまだ可愛いと思う。

Aice5 We Belive Your Love
2006年8月20日 神奈川 川崎 CLUB CITTA’


出演 Aice⁵(神田朱美 浅野真澄 木村まどか 堀江由衣 たかはし智秋)

サイン会から続けて、都合3連続のほっちゃんイヴェ。入場整理券の番号が若かったために、2列目で生Aice⁵を観戦。

内容的には、持ち歌を全部歌ったし激アツな感じだったと思います。その盛り上がりもハンパなかったですしね。その反面、スタチャが入場者チェックを厳しくした契機となったイヴェでしょう。

東京アニメセンターRADIO公開録音
2006年8月22日 東京 秋葉原 東京アニメセンター


出演 宮田幸季 松来未祐 加藤英美里 藤屋裕子

開催数日前に参加を決めたイヴェント。整理券を貰って、ツモった順から前で見ることの出来るものでしたが、結局最後までツモらず立ち見でした。

この番組の公録は、構成作家が印象に残りますね。内容的には、宮田の壁が面白いと思います。やっぱ年齢には勝てないんすかねぇ。

東京アニメセンターRADIO公開録音
2006年9月12日 東京 秋葉原 東京アニメセンター


出演 宮田幸季 豊口めぐみ 加藤英美里 藤屋裕子

また同じものですね。この日はめぐーこと、とよぐっちがゲストでした。とよぐっちはメチャクチャ細身です。背も高いし、モデルみたいでした。

内容はというと、81プロのS同士といいましょうか、宮田、豊口の両氏による「攻め」なトークが繰り広げられておりました。

ゆりしー、梓馬のラブゲッCHUミラクルラジオ公開録音
2006年10月7日 東京 秋葉原 石丸soft1


出演 落合祐里香 坂本梓馬

公録が続きますね。上の公録と同じく、先着順とはいえ完全な入場フリーイヴェント。

参加者から事前に集めた質問にずーっと答えていた感じでしたね。時間も短めで、サッパリした感じのものでした。

この日はパリーグのPOと被っていたので、帰る途中に激しく試合経過が気になってました。松坂×斉藤和己の投げあいだったあの試合です。


クイズマジックアカデミー アロエオンリーイベント アロエdeぽんっ!
2006年11月3日 東京 蒲田 大田区産業プラザPio大展示ホール

非声優イヴェント。このブログでもたまにネタにしている、マジックアカデミー関連のイヴェントですね。

オンリーに初めて行ったんですけど、まったりしていて非常に良かったです。アロエのグラスが売っていたので、思わず買ってしまいました。オリジナルとはいえ、良い出来です。

そういえば、そろそろマジアカも4が出るそうですね。

文化放送・秋のおつきあいセッション
アクターズゲイト 松来未祐のぷるるん大作戦!!緊急集会 略して秋ぷる!!
2006年11月4日 東京 浜松町 文化放送12Fメディアホール

出演 松来未祐 松田いよ 五島貴史 金田朋子

24日に放送が終了してしまったぷるるん最初で最後のイヴェント。新しくなった文化放送の新社屋はメチャクチャ綺麗でした。

フリートーク、おやじんのメイド姿、最後のライヴと、非の打ち所のない面白いイヴェントでしたね。

この番組は面白かっただけに、終了が残念でなりません。スポンサーさえつけば・・・。

UYAMUYA「恋の爆弾でいと」発売記念イベント
2006年12月2日 東京 秋葉原 ゲーマーズ本店8Fデュエルスペース


出演 UYAMUYA(浅井清己 吉住梢)

最後はUYAMUYAの握手会です。何人参加したのかは不明ですが、結構長い時間喋ることが出来たと思います。

生のUYAMUYAは初だったんですが、二人と時代劇やらスロットやらの話をして楽しめましたよ。

スロッターきよみんの「秘宝伝は設定は入ってる店多いね。勝てるかどうかは解らないけど、トゥームレイダーが面白いからお奨め」というガチな意見が好印象でした。

以上、凄い簡単ですけど振り返りました。それぞれ「誰を目当てに行ったか」は、ご想像にお任せします(笑)これに後一つ某イヴェントに参加したので、合計13ですね。このうち、非声優モノがコミケとアロエオンリーなんで、11でしょうか。「裏冒険」も本人出演無しってことを考えたら10個なのかなぁと思ってみたり。自分の中では、よく行ったほうです。昨年は全部併せても5つの催しにしか参加してません。そう考えると、今年は当たり年だったんでしょうかね。

基本的に、無料で参加できるものしか行ってません。抽選で当れば参加できるもの、もしくは、CDやDVD購入者先着っていう催しでございます。基本的に、金が無いので遠征や一回に6K程度を払うライヴなどには参加していません。これが自分の基本スタイルで、高校1年のときから変ってないですね。勿論、今までに金を払ったイヴェントや遠征に行ったことはありますが、無理のない程度にやってます。来年も、無理のない程度に関東圏の無料イヴェントに参戦しようかなと思ってます。

今年一番心に残ったイヴェント
『堀江由衣をめぐる冒険/冒険の書。』刊行記念 堀江由衣さんサイン会
  / ̄ ̄ ̄\
  i'___{_ノl|_|i_トil_|i
  |,彡 ┃ ┃{.i|  
 》|il(_, ''' ヮ''丿|
  ノリ i `フ i´il l|
 /ノ l| ハーハ ll j
正直、ほっちゃんがサイン会をやるとは思ってませんでした。生で会話できるとも思ってなかったですし。これを契機に、また堀江道に力を入れることになりましたしね。フルバでハマったとき以来の、セカンドインパクトとなりました。

今年一番多く見た声優
松来未祐(_,''' ▽ '')


みゆみゆでした(笑)春、夏、秋と、バランス良く3回ほど生みゆみゆを拝むことになりました。桑谷・堀江というラインではなく、まさかみゆみゆが来るとは意外な結果です。私は松来道初心者なので、みゆみゆに詳しい方にご教授願えればという所存です。
18:20  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

おこのみやき

2006.12.26 (Tue)

昨日は部活の納会でした。帰ってきたのは今朝の7時。

お好み焼き→飲み屋→カラオケという流れで今年を締めました。

お好み焼き屋では、食べ放題ってこともあり、お好み焼きやもんじゃを適当に喰らいました。作り方とかは適当で、「腹の中に入れば同じ」という理念の元、材料を鉄板にガンガン流し込みました。

「段々丸い形だけでは飽きてきた」ということで、こんな形のお好み焼きを作りました。

moo.jpg

桜が舞う並木道、物語はまわりだす

四角→三角ときて、ハート型のお好み焼きでございます。昨日は、某ゲームネタで馬鹿みたいに盛り上がったので、ハート型ってことで。

そんなこんなで、一晩を明かしました。すっげー楽しかったです。お疲れ様でした。

追記
朝の帰りの電車で、中央線の新型車両が営業運転しているのとすれ違いました。そういえば、今日から営業運転入ったんですよね。
23:52  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

寝込みみモード

2006.12.25 (Mon)

喉が痛いとかほざいてましたが、どうやら普通に風邪をひいたらしく、木曜以降部屋でずっと寝ておりました。

昨日辺りから少し回復したのですが、まだまだ万全ではありません。皆様、風邪には気をつけてください(挨拶)

さて、昨日は競馬の有馬記念でした。

引退レースとなったdeepが持ち味を十分発揮して楽勝でした。やっぱ強いですね。

それはともかく、武豊の有馬制覇がオグリキャップ以来だったのがちょっと意外でした。そういわれてみれば…という感じですが、あのオグリの引退レース以来の勝ち星だったんですね。

それから、昨日は競馬に続いて競艇のビッグレース、賞金王決定戦も放送されておりました。

こちらの結果も、一番人気の松井繁が地元の期待に応え圧勝。艇王植木の名を継ぐものはやっぱ松井なんでしょうか。

スタート自体は、5号艇の中村が抜群のスタートを切ったんですけどねぇ。ちょっと1Mの展開が向かなかった…というか松井が上手くさばきましたね。

新鋭がいきなり賞金王くるのかと思いドキドキしましたが、惜しかったっすね。フライングを一本もっていてあのスタートを切ったんですから、素晴しいの一言に尽きますわ。

そんなこんなで、昨日の夕方はテレビ漬けでした。

皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。

13:42  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

青島

2006.12.20 (Wed)

喉が痛みます。

恐らく、風邪をひいたのでしょう。声優じゃないですが、これでも声を使ってバイトをしている人間なので、バイトに支障が出そうです。早く治さなきゃ。

さっき、ネットを徘徊していたら、前東京都知事の青島幸男(あおしま・ゆきお)氏が亡くなったという話を見ました。

「そういえば、都知事とかやっていたなぁ。」という印象です。いじわるばぁさんをやっている頃が一番輝いていたと思います。青島さん。

青島都知事から辛うじて思い出せるのは、「都市博」くらいでしょうか。それ以外に政治家としての印象はありません。

役者や構成作家としての青島さんが好きだったなぁ。「スーダラ節」とか、「はいそれまでよ」なんて、ある意味ネ申レヴェルの曲です。ご冥福をお祈りいたします。
15:34  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

低空飛行映像

2006.12.19 (Tue)

ラテ欄(新聞のテレビ欄)を見ると、報道ステーションで宮島を超低空飛行映像で撮ったものを放送すると書いてあったので、見てみました。

安芸の宮島は、今年と一昨年に行ったので思い入れも強く、結構期待して見てみたのですが、これがまた期待以上に良かったです。

厳島神社の付近を、パラグライダー(正確には違うけど、ほぼそれと思って間違いない)で低空飛行しながら映し出された景色は、まさに絶景でした。

朱い大鳥居とか、「おお、この真下まで行ったよ。」なんて思いながら見たり、一昨年行ったときに登った弥山から厳島神社へと向かって降りていく映像なんかも、なかなか良かったです。

恐らくこの特集を見た人の殆どが、宮島に行きたくなったんじゃないかと思いますよ。それくらいいい特集でした。

私自身も、もう暫く行かなくていいと思っていたんですが、なんかまた行きたくなってしまいました。それくらい良かったですね。

さて、神社絡みでお話を一つ。

なんでも、初詣をはじめ、神社に御参りに行くことをインターネット上で行う、「ネット参拝」というものがあるそうです。「なんじゃそりゃ」と聞いたときに思ったのですが、それはそれでありなのかなと思いました。私はあまりやりたいとは思いませんけどね。個人的に、神社はお願いをするところってイメージより、その場所の空気や景色を見るために行っているような気がします。
23:51  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やまなこ

2006.12.19 (Tue)

最近ひょんなことから、「やまとなでしこ」の話題で盛り上がりました。やまとなでしこは、「やまなこ」と略され、堀江由衣&田村ゆかりという2人組のユニットです。嘗て文化放送でやっていた『something dreams マルチメディアカウントダウン』という番組から生まれたユニットで、番組の終焉期にはメインパーソナリティを務めていました。その他詳しくはwikiとかを参照してもらうことにして、やまなこに対するイメージとお奨め曲についてでも書いてみようと思います。

何といっても、「やまとなでしこの部屋へようこそ」というラジオ番組内のコーナーが印象に残ってます。「やまとなでしこの部屋へようこそー」というコーナータイトルの後に、『恋の天使舞い降りて』が流れくるという一連の流れが激しく脳内に刷り込まれています。2人が「ゆかりたん」「ゆいたん」とか言い合ってたのが懐かしいです。たまにゆかりんがほっちゃんを「よ○こたん」とか言ってた記憶がありますが(笑)当時のMDやらテープやらをお持ちの方は聞いてみてください。

「ほっちゃんホアーっ!!」っていうほっちゃん派、「ああ、ゆかりんにメローン!!」っていうゆかりん派と、「2人とも好き」というやまなこ派などの3タイプに大別されると思いますが、いかがなもんでしょ。ってか、当時ホアーっ!!もメローン!!も無かったわけですが(笑)

お奨めやまなこSong♪

1ごきげんよう、かしこ。
CDの3曲目には勿体無いくらいの一曲ですね。ノリが良くて楽しい曲です。CDを買ったとき、とにかく激しくリピートしてました。曲の最後にくるHU!って掛け声が凄いクセになるんだよなぁ。ライヴがもし実現されるのなら、是非生で聞きたい一曲ですね。聞きたいってか、むしろコールがとんでもなく楽しそう。3年前のライヴでは、アンコールのラストに来た曲みたいですからね。楽しくないはずが無いでしょう。

2恋の天使 舞い降りて
これもカップリングからですね。前述したとおり、ラジオで毎週流れていたので頭に刷り込まれてます。これは正統派なクリスマスソングですね。ラブひなの挿入歌としてのポジションですが、私はラジオの印象が強いです。二人のハモってる歌声がたまんなく良い一曲です。

今さらかよって感じの話ですけど、懐かしくなったので書いちゃいました。ほっちゃんもゆかりんも生で見たことありますが、「やまとなでしこ」としては見たことがありません。なので、またライブとかやって欲しいっすねー。
01:43  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

矛盾

2006.12.18 (Mon)

値切りの話から派生して、矛盾を感じる話をひとつ。(派生って便利な言葉だな)

セコく値切ったりする一方、どうしても欲しいものはつい買ってしまう癖があります。

「どうせやらない」とわかっているゲーム。

「買っても使わない(使えない)」とわかっているケータイのストラップ。

「後にアルバムに収録されるであろう」シングルCD.

そんなのが代表例です。

どうしても欲しいものは、「これ、ぜってーボッタだよ」とか思いつつも、買っちゃうんですよね。特に、役に立たないものを買ってしまうのが一番痛いところです。

昨日とまったく逆な話を書いてる気がしますが、人間の物欲はなかなか抑えることができませんね。
12:04  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

半端は嫌

2006.12.17 (Sun)

今日は結構酷い話を書きます(挨拶)

MDが壊れたという話を先日書きました。それから派生してちょっと思い出したネタなんですが、モノを買う際に値切り交渉をするというお話を書きたいと思います。

私はセコいのでよく値切り交渉をします。

ケース1
高校の頃、北海道へ修学旅行に行きました。札幌の二条市場という市場に行ったときの話です。

ある鮮魚店でタラバガニが2500円、ズワイガニが1000円で売られていました。(値段逆かもしれませんがお許しを)

そのまま買ったら3500円。でも、ここは高級デパートではなく市場であると思ったので、値切り交渉を始めました。

自分「すみません、タラバとズワイ1パイずつ買うんで負けてください」
店主「じゃあ、2500円でやっちゃおうか」
自分「あー、500円半端ですねぇ。(←全く半端ではない。)2000円でやってくださいよ」
店主「いやぁ、さすがにそれは厳しいな」
自分「そうですよね。じゃあ、2200でどうっすかね」
店主「2200・・・。よしっ、やっちゃおうか」

ケース2
AとBという家電量販店がチャリで5分以内の場所にある。そこは激しいライバル店同士で、顧客の確保に余念が無い。そういうわけで、どちらも一度値段を下見。そして交渉開始。

自分「すみません、この商品がAで10800円でやってたんですけど、これ以上安くなりせんか?」
店員「そうですか。じゃあ、ウチも同額でやらせていただきます。」
自分「800円が中途半端だから10000でなんとかなりませんかね?」
店員「申し訳ありませんが、原価割れしてまで商品をお売りすることは出来ませんので・・・」
自分「(やべぇ、流石に限界だ)そうですよね。すみません、じゃあお願いします。」

レジへ

店員「この機会なんで、うちはAより100円安く10700円で提供させていただきます。500円で長期保障が付けられますが、いかがなさいますか?」
自分「じゃあお願いします。」
店員「かしこまりました。11200円になります。」
自分「(最後にもう一押ししてみるか)200円半端だから11000でお願いしますよ。」
店員「うーん・・・。」
自分「ウチはAとは違うんだ!本気で価格破壊に挑戦してるんだっていう意気込みを見せてくださいよ。」
店員「わかりました。じゃあ、11000円でやっちゃいましょう」

自分は、こんなことをやったことがあります。文章にするとめっちゃタチの悪い客ですね(汗)ドン引きされた方もいらっしゃるでしょう。

ただ、冒頭にも書きましたが無茶な値切り交渉はしません。デパートで安くしろとか、本屋やCD屋、コンビニなんかで表示価格より安く売れとか、そういう無茶苦茶なことは言いません。いくら空気が読めないヤツでも、さすがに場所や状況を考えて値切りをします。本来の値段(原価)が良く解らない&交渉の余地ありって場合のみ交渉します。

何か恥を晒した感がありますが、こういうの結構好きだったりします。勿論、いつでも値切ってもらえるわけじゃないんですがね。
23:46  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アナログ

2006.12.16 (Sat)

今まで使ってたMDプレーヤーがぶっ壊れました。基本的に一年も使えば壊れるという法則?に従い、買って一年以内に修理→それからまた一年以内に壊れるというお約束なパターンでした。

今度ぶっ壊れたら「i‐pod」に行こうと思ってたのですが、実はOSがXPでないと洒落にならないんですね。うちは、PCのOSがMeなので、折角買ってもその機能が充分に使えそうにありません。

困ったなぁ・・・ってことで、SONYのウォークマンに行こうかと思ったのですが、やはりXPじゃないと話にならない。

そうなってくると、アナログなプレーヤーで充分なんだろうと思い、Meからの音源とダイレクトエンコーディング(コンポから直接プレーヤーに録音)が使えるKENWOOD製のプレーヤーに乗り換えました。

「これでMDに入ってる曲もガンガン突っ込めるぞ!」と意気揚々としていたのですが、案外MDを移植させてみると雑音が「ザザッ」と入りまくりで、なんとも微妙な感じ。

結局のところ、CDからの移植が音質的には限界だった模様です。現在、CDで借りている田村ゆかりメドレーやハルヒの曲を移植させながらこの文章を書いています(笑)

そんなこんなで、今まで使っていたMDは外へ連れ出せなくなりました。家のコンポで聞けるんで、まぁいいっちゃいいんですが、やっぱ外にももってきたいなぁと。新しいMDプレーヤーを買おうかなとか、本末転倒なジレンマに陥っております(滝汗)
22:41  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

801

2006.12.15 (Fri)

もう、かなり前の話。

自分「先生、何かお奨めの漫画はありますか?」
先生「となりの801ちゃんですねぇ。こないだアマゾンで見つけたときは即買いしました」

・・・ということで、その漫画が最近発売になったので買ってきました。
yaoi.jpg

小島アジコ著『となりの801ちゃん』

まず、普通の方は読み方が意味不明でしょう。801と書いて「やおい」と読みます。

ネット上で話題をさらった作品だけに、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。私は、先生にこの話を聞くまで知りませんでした。なんでも、京都市御薗橋商店街という商店街が元になって生まれた作品らしいです。

帰りの電車の中で、二回ほど読んだのですが(通学に時間がかかるので2回は読めました)、割合さらっと読める感じの一冊でしたね。これを腐女子や腐男子の人が読んでどう思われるかはわかりませんが、私の見解では「こんなものなのかなぁ」という感じです。アウトラインは掴める感じなんじゃないかと。

個人的には、阿部川キネコ先生の漫画に出てくるキャラの方がインパクトありました。ただ、こちらの場合は一般の方にも読み易く作られているんじゃないかなと思います。

ただ、『ガンダムSEED』『エウレカセブン』を知っていると、より楽しめることは間違いないでしょう。SEEDは友達から借りて全部見たのですが、エウレカは一回も見たことが無いのでエウレカネタがよくわかりませんでした。ディアッカ・・・。

『さよなら絶望先生』『勝手に改蔵』などでおなじみの、久○田先生の漫画に出てくる女の子みたいなのが表紙のこの一冊。気になった方は読んでみてください。
22:19  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

空き時間

2006.12.15 (Fri)

2.3.5限が埋まっている金曜の授業。

今は3限の時間なのですが、さっき授業課の人が来て、突然休講になりました。

次の授業まで3時間以上あります。

今、学校のパソ室で流行っているようつべ&ミクシーという組み合わせで粘ろうとしても3時間はさすがに無理です。

本来なら、5限を切って帰るという選択肢を取るのですが、先週5限に出なかったので、さすがに今週は出ようと思い帰るのをやめました。

そんなわけで、これから駅前に行ってクリスマスプレゼントを買ってこようと思います。

このブログの賢明な読者様は、「おいおい、あげる相手なんか居るのか?」とお思いでしょうが、そこはお察しください。

あなたの欲しいプレゼントは何ですか?

どうでもいいけど、「クリスマスプレゼントに妹が欲しい」

と願った大学生が、サンタから「妹」を貰ったという設定は厳しいですよね。←世の中にはそういう漫画があるそうで。
13:23  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

都心のドライブ!?

2006.12.11 (Mon)

県民である私は、東京23区内を車で移動することは殆どありません。東京都で運転したことがあるのは多摩地区で、首都高や23区内の運転をすることは今まで一度も無く、これからも恐らく無いでしょう。都心の移動は、ほぼ100パーの割合で電車です。もっとも、免許は持ってても車は運転していません。そもそも、自分の車を持ってないんですけどね。

そんな私ですが、今日は大学の友達の運転で、23区内を車で移動しました。東京に住んでる人はおろか、都内に用事のある人は「別に普通じゃん」って話なんですが、前述したとおり都心は電車でしか移動しない人間なので、都心を自家用車で移動するってなかなか貴重な体験なんですよね。実にほぼ一年ぶりです。

だから、「こんなとこ初めて車で来たよ」「ここが噂の豊洲のららぽーとか」とか、「こち亀で出てくる勝どき橋だ!」なーんて、勝手に感動してたりするんですね。銀座のマリオンなんかも結構感動しました(笑)

中でも、四ッ谷駅から新宿方面にかけて甲州街道を走ってたときは心の中でテンションが上がりました。「俺、ここの道何回も歩いたことがあるよ」って感じで。

なーんかまとまり無い話になりましたが、「私にとって都心の車移動はレアだ」という田舎者丸出しな感じなお話でした。

毎回思うんですが、都心を運転できるってすげーなと思います。あんなん絶対無理っす。
22:52  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

しんちゃん

2006.12.09 (Sat)

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、こんなものを買ってきました。

安倍晋三首相の「晋ちゃんまんじゅう」
abe9.jpg


俗に言う、ジャケ買いというやつです。似顔絵が似ているのと、以下に載せてある絵が面白くて買ってしまいました。

麻生、谷垣の両氏(笑)
abe6.jpg


小泉さん、お菓子の箱の裏でそんなこと言わなくても・・・。
abe5.jpg


「シンチャン」って・・・。
abe7.jpg

12:55  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アメ横王選手権

2006.12.07 (Thu)

テレビ東京(関東ローカル)でやっているTVチャンピオンという番組がある。

それぞれの分野のツワモノを集めて、その中でもっとも凄いヤツを決めようという番組だ。

私が尊敬する「さかな君」は、この番組の「さかな通選手権」を連覇したことで一躍その名を知らしめた。

最近はTVチャンピオン2と名前が変更された上に、90分だった放送時間が60分に短縮されてしまった。90分に戻って欲しいと切に願う。

そんなTVチャンピオンであるが、今日の戦いは「アメ横王選手権」。

年末年始になると、ほぼ必ずTVに映し出される場所だけにご存知の方も多いと思うが、もし知らないという方は一度足を運んでみてはいかがだろうか。買うかかわないかは別にしても、魚屋、菓子屋、服屋、靴屋など、色んな店が入っていて、威勢の良い掛け声があちらこちらで聞こえてくるはずだ。

チャンピオンに輝いたのは地元、上野生まれの人だった。地元をこよなく愛する人がチャンピオンになって、なんか清々しい気持になった。
23:32  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

朝倉パレパレード

2006.12.06 (Wed)

今日は、思いっきり趣味に走った話題を。かるーく流していただけると幸いです。

今もなお絶大な人気を誇る『涼宮ハルヒ』シリーズ。そのシリーズの中での脇役、「朝倉涼子」のキャラソンCDが本日発売されました。ってか、よく発売されましたよホントに。

それはともかく、朝倉の声をあてている桑谷夏子(以下、なっちゃん)ファンとして嬉しい限り。ってか、このブログになっちゃんの名前を出すこと自体久々ですね。何か、ほっちゃん(堀江由衣)や他の人の話が多めだったんですが、真打ち登場です。

ハルヒファンの皆様におかれましては、

「ハルヒおもしれぇ」

「物語が好き」

「映画が撮りたくなった」

「草野球がやりたくなった」

「超監督になりてぇ」

「ハルヒのコピバンが組みたくなった」

「京アニすげぇ」

「ハレ晴れで踊りまくった」

「ハルヒにやられた」

「みくるビームくらいてぇ」

「長門に殺られたい」

「ちゅるやさんにめがっさ萌えにょろ~」

「キョンの妹が欲しい」

「キョン×古泉しかないだろ(リバ不可)」

「平野綾最高」

「ゴトゥーザ様と酒が飲みたい」

「みのりんがたまらん」

「TOBで株を買い占めた」

「兵庫県某市に聖地巡礼しちゃった」

「SOS団に入りたい」

「団長の腕章をつけちゃった」

・・・などなど?様々な思いを持っていらっしゃることと思われますが、

私は朝倉目的で見ていました(爆)

京アニのクオリティも高かったし、「詰合」のCDを買ったくらいなんで、作品を否定しているわけじゃないんですが、なっちゃんの可憐な朝倉ボイスがとても良かったというのが正直な感想です。←あんま朝倉の声を気にしてる人なんて居なかったんでしょうが(汗)

朝倉ってキャラは出番が少なかったし、物語の途中で主人公を殺そうとするキャラなんですが、逆に長門に殺られてしまうポジションゆえに、あまり人気があったとは思えません。

しかし、個人的には久々になっちゃんの可憐な声が聞けたので、「朝倉にもっと出番を!」と思いながらハルヒを視聴しておりました。ぶっちゃけ、こんな声で出してたのってシスプリとかTLSS以来でしょって感じだったので、儲(←信者)的には狂喜乱舞だったんですよね。さて、散々バカみたいなこと書いたので、そろそろCDのレビューを。

「小指でぎゅっ!」
爽やかな仕上がりになっている一曲です。タイトル的にデンパソングかとも思ったんですが、別にデンパでもなんでもなく、委員長キャラ朝倉って感じで無難に仕上がっている曲ですね。

「COOL EDITION」
いきなり台詞から始ります。10話での台詞が満載な一曲ですね。朝倉ボイスが堪能できます。「じゃあ、○んで」とか過激な台詞も入ってますが、最後の「じゃあね」って声がなんとも言えませんなぁ。まぁ、いずれにしろなっちゃんの朝倉ボイスは良いってのが結論なんですが(笑)「小指~」と違って、朝倉の真の姿?を曝け出す感じで、ハードな曲調となっております。こっちのほうが好みですね。

「ハレ晴れユカイ」
オリジナルは10万以上売った曲ですからね。もはや御馴染みって感じですが、歌詞が変ってる上に、昔から「エロい」と言われ続けたなっちゃんの歌声が爆発してます。桑谷ファンなら買って損なし。オリジナルには適わないかもですが、これはこれでいいんじゃないかと。

ってことで、今回はハルヒネタで攻めてみました。朝倉中心ですが(笑)多分、同時発売された鶴屋さんの方が売り上げも人気も高いのでしょうが、敢えてこのブログは朝倉で行きます。敢えてってよりかは、「CV桑谷夏子」ってことで必然的なんですけどね(笑)

それにしても、ハルヒの勢いはどこまで続くんでしょうか。
22:28  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コック川崎

2006.12.05 (Tue)

大学の部室に、SFC版の星のカービィがあります。

先日、何故かそのソフトのミニゲームが大流行しました。

特に居合切りのゲームが流行って、馬鹿みたいに盛り上がったんですが、その中に「コック川崎」とかいうキャラが居ました。

私はそのソフトを持っていなかったので、どういう設定のキャラなのかは知りませんが、コックの格好をしたキャラだから「コック川崎」というのでしょう。

今日、ひょんなことから、バイト先の小学生と星のカービィの話になって、「コック川崎」とは何者なのかを聞いてみると、一応敵キャラらしいことと、「美味しい料理を作るよー」という決め台詞?を持っているということを知りました。

どんな声でその台詞を言うのかは知りませんが、その小学生は「美味しい料理を作るよー」と連呼しまくってたので、よっぽど特徴的な声でその台詞が言われていたのでしょう。

しかしまぁ、「コック川崎」って随分とやっつけな名前の付け方です。何故に「かわさき」という名前なんだと(笑)任天堂に川崎と言う名前の料理人でも居たのでしょうか。

でも、そんな名前のつけ方大好きです。カタカナと漢字の組み合わせ。

「モト冬樹」「エド山口」「ドラゴン鈴木」「コング桑田」・・・とかね。
20:36  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

うやむやの後

2006.12.02 (Sat)

握手会の後に、もう一つ催しに参加してきました。詳細を書くのは控えますが、なかなか貴重な体験をさせてもらってきました。

そいつはともかくとして、時間があったので、下町と呼ばれるような場所ヘ行ってきました。

shop.jpg

活気のある商店街の入り口です。商店街といえば、今や廃れているイメージですが、今回訪れた場所は懐かしい時間が流れていました。店の人の声が飛び交い、地元の主婦が商店街で買物をするという・・・。

大型量販店全盛の時代において、かなり懐かしいものを見た気がします。細い路地の中に存在する商店街。今度時間があったら、また行ってみようかなと思います。
23:32  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

うやむや

2006.12.02 (Sat)

UYAMUYAのイベントに参加してきました。

UYAMUYAとは、時代劇を心から愛する吉住梢さんと、スロットをこよなく愛する浅井清己さんのユニットです。

直接話をすることが出来たので、時代劇の話やらスロットの話なんかをさせてもらってきました。

浅井さん曰く、スロットは「トゥームレイダー」がお奨めの機種らしいです。ただ、勝てるかどうかわかんないみたいなことを仰ってました(笑)

吉住さんは、キムタク主演の新番組を楽しみにしているらしいです。

久々に握手会という形式のイベントに参加して、「やっぱ生で喋れるのはいいな」と思いました。短い時間でしたが、楽しめてよかったです。
23:29  |  アニゲ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ドアが開かない件について

2006.12.01 (Fri)

私が利用している某地方交通線は、駅についても自動でドアが開かなくなりました。

ドアの脇についているボタンを押さないと、ドアが開いてくれません。

乗るときも一緒です。

ドアの脇についているボタンを押さないと、ホームに止まっている電車に乗れません。

これまで、夏と冬に限ってやっていたことなんですが、今日からは半永久的にこのシステムになったそうですorz

こうしたことが行われる背景として、車内の保温が理由なんだそうです。

地元は田舎なので、電車の行き違いをするために3分程度駅に止まることがしばしば起こります。

酷い場合は15分も止まっていることがあります。どう考えても、ダイヤを改正して欲しいところです。

そんな田舎の電車ですが、朝や夕方はちゃんと混みます。

しかも、外国人の利用者の方も多い路線なので、今朝は早速アメリカ人の方がドアの前でうろたえてました。

サービス向上といえば聞こえはいいのですが、電車が駅に着いたら、勝手にドアが開いたり閉まったりして欲しいなぁ思う今日この頃です。
15:47  |  鉄道  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。