11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

共通認識

2013.12.19 (Thu)

今年も残すところあと僅か。

出勤日に限って言えば、明日を含めあと6日。

現在の事業所は8割以上が地元の人。

故に、年末帰省とかそういう話題をする人間が少ない。

「あと一週間で帰れますね」

今朝は珍しくそんな声をかけられた。

声の主は広島県出身の人で、俺より10個くらい上の人だ。

「出稼ぎもあと一週間ですね。」

…と続けられた。

出稼ぎというとあまり良い意味合いで使われていない気もするのだが、「悪い意味で使う気はないけど、出稼ぎもあと少しですね。」

…と俺は続けた。

なんというか、家族の元を離れて仕事をする人は皆、出稼ぎみたいなもんだと思う。

決して悪い意味で使っているわけではない。

単身赴任とかいうのは、欧米では少ないらしい。

家族という単位が当たり前なので、「信じられない」と某ドイツ人は言ったそうだ。

子供の頃、「親父は単身赴任で大阪に行ってる」とか「カナダに行ってる」とかいう話を聞いたことがあったが、自分もまさにそういう生活になったと思う。

俺の場合は、嫁が居る訳でも子供が居る訳でもないのだが、実家には両親が健在である。

ホームシックとかそういうのはもはや皆無なのだが、盆・正月・ゴールデンウイーク辺りを迎えると、ひしひしと日本のサラリーマンをやってるなぁと痛感する。

実家に帰ったときは「ただいま」であり、また家を出ていくときは「行ってきます」と言って実家を後にするようになって6年にもなる。

単身赴任の方、実家から遠く離れて働く皆さん。

あと少し、頑張りましょう。

中には単身生活を謳歌してる方も居られるとは思いますがw
スポンサーサイト
22:10  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ナイトスクープ的な何か

2013.12.05 (Thu)

某SNS(FBとかツイッターではない)で「カレルチャペック」の紅茶について書いている知人が居たので書いてみる。

紅茶は普段そんなに飲まない。実家に居た頃から、うちはよく緑茶が出てきたせいもあってか、暖かい飲み物の一番手は緑茶であった。

会社でもたいてい緑茶を飲んでいる。

しかし、紅茶が嫌いなわけではない。

レモン、ミルク、ストレート。なんでもござれ。

ただ、アッサムがどうとか、ダージリンがどうたらという専門的な知識は何もない。

紅茶で思い出すのは、今から5年くらい前。

大学時代の友人と京都を散策し、「そろそろ疲れたから休憩するか」という流れになり、祇園の界隈をうろついていた。

その中の一角にあった紅茶専門店が忘れられない。

雑居ビルの4階か5階くらいに店を構えていたお店で、もともとはバーかスナックだったことが丸わかりな店内である。

専門店と謳っているだけあり、メニューにはかなり専門的な用語がつらつらと綴られている。

友人も自分もよくわからないなりに紅茶を注文し、ほっと一息。

そんなお店で一番の疑問は、なぜか店主の女性が白衣を着ていること。

スナック風の内装×紅茶専門店×白衣×祇園

もはや何なのか良く解らないカオス空間が頭に残っている。

祇園にスナックやバーがあるのは不思議ではないのだが、そこに紅茶と白衣が加わるカオス。

もう店の名前は出てこない。

当時不思議に思った友人は、PCで検索をかけたら「結構な有名店だった」とか言っていたが、今もあるのだろうか。

最近暫く祇園や東山に足を運んでいない。

もし行く機会があれば、どうなっているのか気になるところだ。
22:16  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

師走

2013.12.02 (Mon)

12月に突入した。

今年も泣いても笑ってもあとひと月である。

今年も色々あった。正月から扁桃腺を患い、5月に大学の友達が遊びに来た時もピンポイントで扁桃腺を患うというタイミングの悪さ。

非常に苦痛な一年でもあった。

しかし、悪いことばかりではなく、色々と楽しい思い出や良いこともそれなりにあった一年であった。

このブログを初めてもう8年くらい経つのだと思う。

まさかこの年齢までここに何かを書いているとは…という気持ちと、書くことが好きなので続けること自体はさして苦痛でない。むしろ、楽しんで書いている割合の方が大きい。

更新頻度は学生時代と比ではないが、毎日会社に行って週末は遊んで。
それの繰り返し。

本音を言えば、そろそろ身を固めなくてはならない。
だが、そう簡単に結婚相手がみつかるわけでもないのが事実。

ああだこうだと言っているうちに30を迎え、知らぬ間に40もやってくるのだろう。
もう若くも無い。

冷静に今置かれている状況を考え、来年も一歩前に進めるようにしたい所存である。
20:30  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。