10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

同期会

2014.11.10 (Mon)

入社二年目に関西に転勤してから、同期の誕生会なるものが行われている。

正直な話、もう入社10年目もそろそろ見えてきているというのに・・・である。

同期がだいたい50人居て、関西の事業所に15人くらい配属され、そのうち10人が工場に配属された。

しかし、結婚と転勤が相次ぎ今では半分の5人だけが残っている。

現在の同期会は本来5人で開催・・・のはずだが、

工場メンバー+寿退社の女子一名+転勤とは言え、まだ兵庫県内に居るまあち=7名が現在の定期メンバーとなって行われる。

誰かの誕生日にかこつけて行われるこの同期会。

毎回店選びのハードルが高めなのがキツイ。

転勤したせいもあって暫く幹事から外れていたのだが、そろそろやらないとと思い、次回の幹事を引き受けた。

普通に行きたい店を探すならいいのだが、前述のとおり毎回店のレベルが上がる上に、必ずバースデーケーキやサプライズを演出するのが決まり事の様になっていて厄介である。

次の開催は2月。無いとは思うのだが、下手をすると転勤を命ぜられ、バタバタしている可能性も否めない。

早いところ店を確保し、恙なく終わってくれることを祈る。
スポンサーサイト
20:43  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

第三者的2014日シリ

2014.11.04 (Tue)

ようやく試験勉強から解放されました。

日曜日に遠路神戸まで試験を受けに行き、自己採点は悪くない手ごたえ。

後は結果を待つのみ。

本当にモチベーションの高いサラリーマンは、更に別の資格を狙いに行って次の勉強を始めるのだろうけど、私はちょっと休ませてもらう。

つさて。

今年も野球が終わった。バンクと阪神の日シリ。結果は書く必要もないだろう。

バンクは流石に今年優勝できなかったらきつかったと思う。

秋山が泣いていたのがそれを物語っている。

来期は工藤が監督ですか。

来期は田辺、工藤、伊東、大久保と四人も西武黄金時代を支えた面々が監督をやるらしい。

大久保は大抵巨人の選手として扱われているが、元々は西武に居た。

バンクは郭泰源が投手コーチをやっていたし、選手としてだけでなく黄金時代の面々は指導者としても優れていると思う。

話が逸れた。

今回は内弁慶シリーズとはならず、二戦目を取ったバンクが福岡で三連勝。

日本シリーズは初戦の重要性よりも二戦目だと俺は思って居る。

恐らく森監督(西武)が二戦目を取る重要性を昔インタビューで語っていたと思う。

短期決戦とは別に、通常のペナントでも二戦目に敢えてエースを配置して三連敗を防ぐという話を、確かノムさん(ヤクルト監督時代)が語っていたような記憶がある。

一戦目はスタんリッジの勝手知ったる阪神打線が大暴れ。

二戦目も阪神が取れれば、あわよくば阪神かとも正直思った。

だが、二戦目は武田の前に沈黙。

これが大きかった。縦のスライダーにクルクルだった。

これに崩された阪神は次の日の大隣にも手が出なかった。

一番チャンスがあったとすれば、中田の賢ちゃんが大荒れした第四戦。

阪神は中田を苦手としていた過去があるが、その苦手さを払しょくできなかった。

星勘定を五分に戻すチャンスだったが、四死球を8つも選びながら2点というのが辛い。あと一本が出なかった。

リーチを福岡でかけられるともう半ば勢いもあったと思う。シーズン後半微妙だった摂津にも粘られた阪神は、結局1勝しかできずに終戦した。

各優秀選手が発表されたが、私が敢えて選ぶなら、MVPは細川、優秀選手賞にメッセンジャー、敢闘賞に大和だろう。

正直に言うと、細川のリードでこのシリーズは勝ったといっても過言ではないと思う。

一戦目はスタンリッジの調子が悪かったのか、それともわざと実験的に配球を行って打たれたのかは知る由もないが、とりあえず阪神打線が打った。特に中軸のゴメス・マートンが機能した。

しかし、翌日以降はもう手玉に取る様な扱いで阪神打線を抑えた。

細川のリードは、あんまり変なリードをしない。だいたい苦手なコースを中心に攻めるリードだと思う。
スタメン定着当時は、追い込んでから一球外に外す球をよく投げさせて「何の意味があるのか」と様々な解説者に叩かれていたが、今は細川のリードに注文を付ける人も少ないだろう。

際立っていたのはゴメスへの攻めだと思う。インローを中心に低めが苦手なバッターへは、それを徹底した。
そして縦の変化球を多投させていたと私には見えた。

また西武の話を出して恐縮なのだが、ここ数年西武がバンクに勝てないのは明らかで、間違いなく細川がバンクに行ったからだと信じてやまない。同一リーグにおける正捕手の移籍は、想像以上に影響が出るということを、ここ数年まざまざと見せつけられた。谷繁と中村武の例なんかを考えてもやはりそれは明らかだと思う。

優秀賞にしたいメッセンジャーは良いだろう。二戦投げて十分に役割は果たした。
最近は敗北チームから優秀賞が出ない傾向にあるが、サファテよりも相応しい気がした。

敢闘賞の大和も見て明らか。
勿論、打撃では貢献度は低かったかもしれないが、大和の外野守備とかダイビングとか、ポストシーズンに何度見せつけられたことか。

97年のオールスターでは、松井和夫(本名表記)が4盗塁をマークしてMVPを獲得した。
日シリにおいても守備で優秀選手に選ばれることがあってもいいのではないだろうか。

以上、徒然な感想。

シリーズ終わってから時間も経過しているので、「他の誰かが言ってた」とかいう話もありそうだが、素直な感想はここらへん。勉強のさなか、ずっと日シリの中継を垂れ流していたのはここだけの話。
22:18  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。